脳神経の病気|ビルベリーで目の健康キープ法|明るい未来をゲットする
ジョギング

ビルベリーで目の健康キープ法|明るい未来をゲットする

脳神経の病気

レディ

脳神経の病気の主な症状

脳神経の病気である認知症は、一度発症してしまうと完治することは殆ど不可能な病気です。特にアルツハイマー型に至っては、時間の経過とともに病状は進行していきます。しかし認知症は発見が早ければ早いほど、進行を遅らせることが可能とされています。家族に記憶障害・言動な不可解な点が見られる場合には、早期の内に病院での検査を勧めましょう。認知症は脳神経の病気であり、物忘れとは根本的に違います。見極め方として、食べたはずの食事のメニューを思い出せないのは「物忘れ」とされ、食事を「食べたこと自体」を忘れてしまうのが認知症です。また症状の一つとして、短期記憶障害が挙げられます。直前のことほど思い出すのが困難となり、昔の記憶ほどしっかり覚えている状態が短期記憶障害です。これらの症状が家族や知人に見られる場合には、認知症の可能性が高いと言えます。

脳神経の病気の進行を防ぐ

認知症の予防、進行を遅らせるには、食生活の改善・適度な運動・生活習慣の見直しが重要とされています。食生活においては「和食」が認知症の予防に効果的です。和食は血液内のコレステロールを低くする効果が期待でき、認知症の要因である動脈硬化の予防となるメニューも多いからです。特に魚・大豆・納豆・しいたけを使った和食のメニューが認知症の予防に効果的とされています。次に日頃から運動を心がけることも大切です。ウォーキングやジョギングなど、空いた時間に軽めに行えて、何より毎日続けれる運動が良いでしょう。最後に喫煙・飲酒・睡眠不足などの生活習慣も認知症発症の要因とされています。可能な限り煙草とアルコールは摂取を控えましょう。そして夜間にしっかりと睡眠時間を確保することも重要です。認知症の予防はスピーディーにすることが何より大切になります。予防には食生活の見直しが大切だと言いましたが、サプリメントなどを服用してバランスを整えていくと良いです。例えば認知症であればDHAが効果的と言われており、DHAのサプリメントを服用することで認知症予防になります。また、動脈硬化など血液が関係する場合は血液をサラサラにしていくれるサプリメントを服用すると良いでしょう。